読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えるだけの勉強をやめれば劇的に頭がよくなる

覚えるだけの勉強をやめれば劇的に頭がよくなる 小川仁志PHP新書

を読んだので感想を。

 

勉強というと、小中学校の詰め込み型の勉強を想像しがちだが、社会人の勉強とは、思考とアウトプットにある。

 

多忙な社会人でも身になる勉強方法を示している。

 

以下、取り入れたい部分を抜粋した。

 

・思考の方法は、5段階から成る。

1.疑う 2.削ぎ落とす 3.否定的に考える 4.根源的に考える 5.まとめる

特に5のまとめる、つまりアウトプットが大切である。

これらができていれば、深い考えを持つことができる。

 

・忙しいときの勉強というのは、隙間時間の有効活用にある。

また、スケジュールというのは上手くいかないものなので、調整して遅れを取り戻す。調整の方法は優先順位の低いものを後にすることで調整する。

 

・情報整理は時間をかけるポイントではない。資料として切り取れるものはその場で切り取るなど、手軽に収集する。

 

・情報収集に有効な方法として、あえて興味のない分野の本を読んでみる。

 

・物を記憶するには、繰り返しとインパクトが大切。

例えば、覚える内容を紙に書いて貼っておき、繰り返し見る。

また、語呂合わせにしてインパクトのある覚え方をするなど。

 

・思考というのは多読から生まれる。

多読のコツとしては、

今日読む本を決め、自分に有用な部分のみ読む。

あえて嫌いな分野の本を取り入れる。 

入門書から読み始める。

 

 

基本的な内容が多かったように思うが、それができている人がどれだけいるのだろう。

多読については、可能な限りやっていこうと思う。

 

仕事で忙しく、ヘトヘトになるため、平日は勉強なんてしていられないと思っていたが、やらないと始まらないし、ますます負の連鎖に陥る気がする。

 

少しずつ進んでいこう。