読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

語彙力

会話が上手くなるために必要なものとは。

その一つは語彙力ではないでしょうか。

雑談であれば、いろいろな話題に精通していたほうが話が広がります。

また、いろいろな面白い話を知っていれば、相手を笑わせることができます。

仕事の会話であれば、専門用語や専門知識があったほうが相手の話を理解しやすくなります。
相手より優位に立てる可能性が上がります。



人間は未知のことに不安、恐怖を感じるため、知らないことが多いということは、不安が大きくなることです。

結果的に会話に恐怖を感じてしまうことに。

極端な話、世の中のこと全てを知ってしまえば怖くありません。



興味のある話題なら自然と詳しくなって、そのことを話しているときは怖さなんて感じません。

知らないことを知ること。
知ることに興味を持つこと。

これまた地道な方法しかありませんが、興味が持てるような関連付けをして覚えていくしかありません。

分かったつもりにならないよう、理解して自分のものにするには時間がかかりそうですが。

具体的な方法はまた考えるとします。。