読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己肯定感のつけ方

最近のオリンピックブーム、閉会式も終わり、ようやくひと段落。

 

テレビでしつこいくらいに流れるから、もっと早く終わってもいいのにと感じていた。

 

オリンピックの選手だけでなく監督やコーチがクローズアップされている番組が目立った。

 

どの監督やコーチも、選手の環境づくりを最優先にし、成功体験や楽しいという感情を繰り返し選手に与える。

 

選手はそれが自信につながり、本番でも負けないメンタルを手に入れる。

 

 

これを私の生活にも取り入れて、繰り返し自己暗示することで、自己肯定感を付けられるのではないか。

 

具体的には、

小さな成功体験を積み重ねる(大成功でなくてもよく、なんらかの成功を無理やり見付けて成功としてしまう)、

小さな独り言をつぶやく(人に聞こえないように)、

楽しかったことを記録(ブログや写真でよい)しておいて、見返す。

といったことが考えられる。

 

 

やはり、教育や指導というのは、怒ってばかりいてはダメなんだ。

 

このオリンピックで得たものはこんなところか。