読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする グレッグマキューン著 かんき出版

を読んだので感想を。

 

仕事に忙殺され、家族や自分の時間を無くしている人々、本当に大事なことは何ですか?

このままでいいのですか?

 

仕事のやり方、人付き合いの仕方をゼロベースで見直しましょう、というのがエッセンシャル思考です。という主旨でした。

 

全てのものごとはトレードオフ

何かを選択するには何かを削除しなければならない。

 

仕事はキャパシティを超えて殺到してくるもの。全てをひとりでこなせるなんてあり得ない。

 

積極的に、自ら、エッセンシャル思考を取り入れないと変わらない。

 

方法としては、必要不必要を見極める、不必要を捨てる、習慣化するという段階毎にストーリーを織り込みながら書いてありました。

 

自分に取り込める内容としては、

・目標は完全に明確にする。

・判断するための基準を明確に自分の中に持つ。基準はとことん厳しく。(何かのチャンスが来たら、文字で書き起こし、最低限の基準を3つ挙げ、理想の基準も3つ挙げる。最低限の基準を満たしていないなら却下。理想の基準を満たしていないものも却下。すべて満たしているものが考慮に値する。)

・決断を90点ルールにする。90点に満たないものは0点とする。

・仕事や用事を引き受ける前によく考え、すぐに返答しない。最初の見極めに力を入れる。

・うっかりと約束を交わしてしまうのを防ぐために、何かを言う前に5秒だけ待つ。

・魅力的なチャンスであっても捨てることが時に必要である。

・全てはトレードオフの関係にある。何かをやろうとすれば、必ず何かを切らないといけない。

・仕事を離れ、インプット時間を確保する。

・1日8時間睡眠を確保する。

・上手い断り方を学ぶ。(沈黙する、代替案を出す、予定を確認して折り返す、代わりに後回しにする仕事を聞く、冗談めかして断る、別の人に回す)

・見込み時間は1.5倍して見積もる。

・仕事はできるだけ早い時間に着手し、軽い負担で終わらせる。

・悪い習慣はきっかけに注目し、別の良い習慣に関連付けてしまう。

・今、この時、この物事に集中する。

 

自分が実際に仕事に忙殺され、苦しんでいるため、だいぶ為になった。

 

日本の企業ではこんな振る舞いをすると孤立しそうだが、試してみたい。

 

まずは、電子機器への依存という悪い習慣を捨てる、睡眠時間を8時間確保する。

 

ここから始めよう。