読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母への反発心が消えない。

 

心配をかけたし、苦労をかけた。

 

感謝の気持ちがあるはずなのに、それより先に反発してしまう。

 

抑えられない。

 

何に反発するのか。

 

母親の言葉、おせっかい、指示に。

 

なぜなのか。

 

母の言葉を良しとしていないから。

 

過去に母の言葉で良くないことが起きた、または良くない感情になったから。

防衛本能がそうさせる。

 

それか、自立心から、母の言葉を必要としなくなったから。

 

余計な言葉だから、聞かなくてよい言葉だから、聞きたくない。

 

どちらにしても、抑えられない。

 

母親と上手くいっている長男というのは、母親を越えた立場で、全てを許して、子供相手のような感じで接しているのではないか。

 

はいはい、そうですね、分かってますよ、聞いてますよ、と小言の対応をする。

 

そこまで達観することができない。

我慢できない。

 

我慢が必要ではないのではないか。

 

我慢せずに反発すればいい。

 

抑え込むと、発散できずにこじらせてしまいそう。

 

一度は誰でも通る反抗期が遅れてきたんだと思っていよう。

 

小さい頃に反抗期がないくらいに親のいうことを聞いていた人は、みんな、こんな問題を持つんだろうか。。