読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を持つとは

この前、線が細い、と言われた。

 

線が細いとはどういう意味か。

 

辞書には、

性格が弱々しい。繊細である。

とあった。

 

もう少し調べると、
「線の細い人」の具体的な特徴は、

「人間的な大きさが感じられない」、

「お人よしで、自分の主張をしっかり通せない」、

「困難にあったらすぐへなへなと心が折れる、挫折する」

といったところらしい。

 

自分の意見を主張しないからそう見えるのか。

 

普段から無口だからということもあるのか。

 

でも、あまり喋らなくても雰囲気のある人はいる。

 

あと、自分を持つことの必要性を必死に説かれた。

 

大事な場面では思ったことを曲げないことが大切だ、

ということらしい。

 

確かに思い当たる節はある。

 

もともとの性格が大きいし、会話の技術がないことも関係していると思う。

 

自分を持つとは、いったいなんだろう。

 

この自分は自分でないのか。

 

本当の自分ではないのか。

 

悩む自分も含めて自分ではないのか。

 

言えないことがある自分も自分なのではないか。

 

普通の会話が出来ない自分ではいけないのか。

 

普通とは何なのか。

 

普通になりたいが、方法がいまいち分からない。。