読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遅熟

自分は精神面で「大人になる」のが遅いと感じる。

親に守られすぎて、ぬくぬくの中で育ったから、早熟する必要がなかった。

「自分で考える」という習慣がなかった。


社会人になって、否が応でも他人と比較し、自分の不甲斐なさに愕然とした。


新聞が読めず、一般教養がない。
地方都市の地名や地理、名所、名産などに疎い。
人間関係のあしらい方が下手。
同年代の人との会話でも続かない。
恋愛を避ける傾向がある。

…世間知らずの暗い奴。



最近、晩婚化がいっそう進んでいるとどこかのニュースで聞いた。

この社会の構造が、遅熟を後押ししているのではないか。

と、ある程度は社会のせいにしておく。



遅熟だと今後どうなるか。

会話のネタが少なく、話せない人とは本当に話が弾まないため悩む。

仕事で周りの人からの期待値と自分の中の現実との乖離に苦しむ。

職場での人間関係、特に部下や後輩との関係が上手くいかず悩む。

周りの同年代との温度差が埋まっていくまで、会話は苦痛であり、そのズレに苦しむ。

結婚したいと思ったときにはある程度の年齢になってしまい、選択肢が狭まる。

・・・

この事態を早くなんとかしたい。

やはり経験値不足が問題ではないか。

そこで、
親や他人に頼らずに、いろいろなことをやってみる、行ってみる。
料理、スポーツ、旅行…

いろいろな人と話す。

自分の頭で問題解決のために考える。

自分の意見を持つ、しっかり伝える、実行に移す。



今は種を蒔くとき。

nrorschach.hatenablog.com